食欲抑制剤のリデュースやサノレックスを服用した時の副作用の種類について

食欲抑制剤は食べたいと思うその食欲自体を抑える働きがあるので、食べること自体をしなくても良くなることから、痩せるために利用したいと考える方が多いと言われています。また、服用することで、腸からの栄養素の吸収を抑えるので、仮に食事をしたとしてもその栄養素から太ると言うことがありません。

食欲抑制剤の副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

■食欲抑制剤の副作用について
食欲抑制剤の中でも日本で認可されているサノレックスには多くの副作用があります。その中でも軽度なものでは倦怠感や頭痛、腹痛、下痢や便秘、不眠と眠気のような対極しているものなどがいくつもあります。これらはどの副作用が自分の体に出現するかはわかりませんが、吐き気などを感じる方もいるので、本当にいろいろな副作用を感じる方がいると言う方が正しいと言えます。

決まり切った症状だけではないので、どのようなことになるかはわからないと言った方が良いでしょう。いずれの症状の場合も軽度な場合は、薬の服用をやめれば収まるので、問題ありませんが、重度の場合は話が違います。高血圧や、肺高血圧、心臓発作や幻覚などの症状がある場合は、その症状の重さにかかわらずすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

命に係わることもあるものです。

■副作用が強いときは無理をしない
副作用がどのような症状であっても、辛いと感じるときは、無理をしないことが大切です。また、常に担当医と相談をしながら、報告をしながら、自分の体調と相談することも大切です。痩せるためといっても体が現状以上に不健康になるのでは困りますから、慎重に服用する量などを調整することも必要になり、場合によっては服用を中止することもあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ