食欲抑制剤のサノレックスは日本で唯一認可されている薬ですがリデュースもお勧めです

食欲抑制剤にはいくつもの種類があります。その多くは個人輸入や通販などで入手できると謳っているものが多いですが、日本で認可されているものは数多くありません。食欲抑制剤にはどのような種類が日本で認可されているのでしょうか。

■食欲抑制剤の種類と個人輸入に関して
食欲抑制剤の種類ではいくつかがあり、そのうち日本で認可されていて、日本国内の医療機関で処方されているものは、サノレックスのみです。別名をマジンドールといいますが、これは成分の名称で、同じ薬品のことを指しています。サノレックスは、原則、日本の厚生労働省で医薬品として認可されているものなので、個人で購入したり、個人輸入することはできませんし、医師の処方の元で使用することが決まりです。

サノレックス以外の食欲抑制剤では、メリディアやリダクティルなどがありますが、これらは日本国内では原則使用することができないもので、取り扱いを行っている通販サイトや個人輸入業者は違法性が高くなります。また、サノレックスは「向精神薬(第三種精神薬)」に分類されているので、原則輸入ができません。

禁止されているものです。そのため、個人輸入で購入すると言う行為も違反行為になりますので、そういったサイトを介した購入は危険が潜んでいます。日本では医師の処方箋が必要な薬ですので、しっかり守りましょう。

■食欲抑制剤のサノレックスは医師の処方の元で服用しましょう
サノレックスは、副作用もさまざまなものがある、素人が簡単にドラッグストアなどから購入して利用できるような風邪薬のようなものとは違う性質のものです。副作用の中には依存性や精神に関与するところもあるので、取り扱いには注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ