ダイエットにリデュースなどの薬を使いたいなら安全性を重視した脂肪吸収抑制剤がおすすめ

食欲抑制剤は、食欲そのものを抑える働きがあるので、ダイエットをしている方、日ごろから敏感になっている方にとっては、試してみたい、服用したい薬の1つとなっています。しかし、ダイエットに利用するものではないけれども、痩せるための薬なので、取り扱いには注意が必要なものでもあります。

リバウンドとの関係も気になりますし、ダイエットにうまく活用できるようなものなのでしょうか。

■食欲抑制剤よりも良いものがある
食欲抑制剤は、仮にダイエットに広く使用されるようになったとしても、非常にリスキーな薬だと言えます。副作用が幅広く、脳に直接作用するものなので、依存性や幻覚、うつ状態になりやすいなど精神的なものも多く影響します。同じようにダイエットに使用できる薬としては、食欲を抑える効果はありませんが、脂肪吸収抑制剤というものがあります。

これは、食事の中で取り入れた脂肪の吸収を抑制するものなので、排便として排出してくれるものです。その分、油分の多い便になりますが、それだけカロリーカットができます。この脂肪吸収抑制剤は、広く美容外科やダイエット外来で使われていて、通販でも病院の半額以下で入手できる安全性と利便性を兼ねそろえているものです。

リスクがゼロではありませんが、油分の多い便がでるなどの、命に係わるような副作用ではないことから、安全性が高いと言われています。こうしたところからダイエッターは使用する方が断然安全です。

■ダイエットに薬を使用するなら安全性を重視して
ダイエットに効果が確実な医薬品を使用するなら、安全性を重視することがおすすめです。食欲抑制剤は、あまりにもリスキーなので、個人での利用は無理だと判断できますし、禁止されています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ